三重銀行をお得に使う

三重銀行で積立預金

金融機関でお金を貯める方法は複数あります。お金を貯めるというのは、定期預金に預ける余裕資金や、冠婚葬祭などのライフイベントで使う必要資金を貯めることを意味します。毎月の給与の一部を積み立てたり、ボーナスなどの臨時収入を貯めたりすることが多く、金融機関ではそれらの用途に適した金融商品を取扱っています。ただし積立式の商品は最大金利が低いことが多く、特別金利キャンペーンも少ない傾向にあります。

三重銀行でお金を貯めるには貯蓄預金、積立定期預金、定期積金、財形預金のいずれかを利用すると便利です。どれも一括預入のスーパー定期預金などと違って少しずつ預けられるので、給与が少なく不定期でも使いやすいのが特徴です。とくに貯蓄預金は預金残高に応じて適用金利が上がる仕組みなので、積立期間が短くても預金残高さえ増えれば高金利で運用できます。普通預金にセットして総合口座として利用することもできます。

使いやすさよりお金の貯まりやすさを重視するなら、自動積立ができる積立定期預金や定期積金、財形預金が便利です。とくに積立定期預金は積立方や用途によって3つのタイプがあります。オススメなのは年金型です。自動積立で貯めた資金を年金振込のように分割して受け取れるサービスで、公的年金が不安視されている現代にピッタリの商品と言えます。ちなみに年金型の保険商品というのもあり、三重銀行のような地方銀行でも個人年金保険を契約できます。

もし職場が財形預金を取り入れているなら、三重銀行の財形預金も便利です。金利だけならスーパー定期預金のほうが高いのですが、天引きなので絶対に資金が貯まるというメリットがあります。財形住宅預金を使って住宅取得資金を貯めれば自己資金を多く貯められ、融資制度を利用することで利息を抑えることもできます。自己資金が少ないと利息や手数料が増えてしまい、返済期間も長くなってしまうので、住宅購入資金を貯めるなら財形預金が最も便利です。