三重銀行をお得に使う

三重銀行で年金

三重銀行のような地方銀行は高齢の利用者が比較的多いことから、年金受取とそれに関係する商品を多く取扱っています。年金受取に関する商品とは、たとえば年金受取予約や年金定期預金などです。三重銀行でも取扱っており、三重銀行をメインバンクにしていれば年金受取とその運用がよりスムーズにおこなえます。年金は受給年齢に達すると自動的に受け取れるわけではなく、手続きをする必要があり、その手続きに関する相談もおこなえます。

年金の受給年齢 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001r5uy-att/2r9852000001r5zf.pdf

三重銀行をメインバンクにしている場合、年金受取の準備段階から年金受取予約サービスを利用すると便利です。手間取ることが多い年金受取手続きをスムーズにできる上、年金受取予約定期預金を利用できます。これは年金受取予約をしている人限定で利用できる定期預金で、預入金額と預入期間が短いものの、通常のスーパー定期預金に上乗せ金利がつくお得な商品です。年金生活の前に少しでも利息を稼いで備えておきましょう。

年金受取が始まったら、今度は年金定期預金が使えるようになります。三重銀行で年金受取している人だけ利用できる商品で、普通預金口座や定期預金口座に貯めておいた老後資金をお得に運用することができます。中には老後の資金を米国ドル建てやユーロ建ての外貨預金にしている人もいますが、多くの人は円建てで金融機関に保管していますし、日本円なら預金保険制度の対象なので低リスクです。

業種によって年金額は異なるため、公的年金だけでは不安な人も多いです。そこで保険商品や預金を使って、年金とは別に老後の資金を確保すると安心です。たとえば三重銀行の自動積立定期預金や個人年金保険です。もっとも若いうちから自動積立定期預金を使っても、年金生活になる前に資金を使ってしまう可能性があります。個人年金保険なら年金受給直前に契約しても保険金が受け取れるので、保険契約の前に保険会社を比較したり充分に情報を集める時間があります。