初心者向け大東銀行ガイド

大東銀行の住宅ローン

金融機関での契約時に一際慎重さを要するのが住宅ローンです。住宅ローンは住宅の購入や新築にかかる資金を借り入れるためのローンで、借入金額と借入期間が他の商品と比較にならないほど莫大です。親や祖父母から資金援助を受けられる人もいますが、援助額は100万円台が多いため残りの数千万円分をローンで用意する人がほとんどです。住宅ローンは利息や利用手数料も多いので、より安く借りられるローンを選ぶ必要があります。

大東銀行の住宅ローンは金利が低いのが利点です。店頭表示金利は2パーセント台で、所定の条件を満たせば更なる金利引き下げを受けることができます。住宅ローンの金利タイプは固定金利と変動金利の2種類あり、人気の高い固定金利は金利が高くなりがちですが、大東銀行は適用金利優遇サービスを利用してもしなくても割と低金利での契約が可能です。もっとも固定金利を利用する際は固定金利選択手数料を支払う必要があるため、金利が低い分手数料が取られることを計算しておきましょう。

最大5000万円まで借りられることから頭金ゼロの利用者にも人気の大東銀行住宅ローンですが、できるだけ頭金を用意して早期に完済するのがオススメです。というのも住宅ローンは借入期間に比例して支払う利息や保証料が増えてしまうのです。実際に首都圏在住のサラリーマンは平均約1500万円の頭金を用意した上で、平均約2500万円の金額を借りています。借入期間は25年くらいが相場ですが、実際の返済期間は14年前後が多く、繰上返済を使って早めに完済していることが窺えます。

繰上返済は月々の返済額に加えて多めに返済することで、返済のペースが上がるため早く完済できるという利点があります。大東銀行の住宅ローンは完済時の年齢制限がありますし、早く完済することで精神的なプレッシャーからも早く解放されます。ただし無理して返済額を工面すると逆に生活費を圧迫してしまうので、住宅ローンの申込み手続きをする前に借入れシミュレーションをして、無理のない返済額を設定しましょう。